2018年03月17日

『白い午後』−「春の香り」

 この歌も1976年11月に出した自主製作レコード『白い午後』の中の1曲。そして、唯一自分で歌っていない曲です。作ったのは1973年4月で、21歳の時の作品になります。
 当時、シモンズというすごくハーモニーのきれいな女性デュオがいて、彼女たちが歌うような曲を、と思って作った曲です。友人の妹二人(当時20歳)にお願いして吹き込みました。ハーモニーの編曲自体はうまくできたと思っていますが、音のバランスに失敗しました。演奏もリコーダの音が大きすぎ、耳障りになっています。もう一度録音し直すことができたらと今でも悔やまれます。
 演奏には不満があるけれど、歌自体はけっこう気に入っています。歌詞も曲も恋する乙女の気持になって作りました(かなり無理がありますが 笑)。

1.自作自演版 「春の香り」 作詞作曲 1973年4月



2.YouTube版
  https://www.youtube.com/watch?v=_u3BMgIpz4E&t=

3.ピアノバージョン(2011年3月 収録)
  編曲:角 篤紀 演奏:東ゆかり



posted by 高階杞一 at 00:00| Comment(0) | 白い午後

2018年03月16日

『白い午後』−「破れた靴下」

 アルバム『白い午後』に収めた1曲。自作では唯一のクリスマス・ソングです。1969年11月作と当時の自筆楽譜に記されているので、18歳時の作品になります。この頃よく聴いていた荒木一郎の「ひとりぼっちのサンタクロース」という曲に触発されて作りました。クリスマスの夜、女の子が部屋でひとり、サンタクロースの来てくれるのを待っているという設定をそのまま頂戴しています。ただ、荒木の歌が、「私が恋をするまでは/なってあげましょ恋人に」という高ビーな(笑)設定であるのに対し、僕の歌では、貧しい女の子が「ごめんなさいね サンタのおじさん こんなに破れた靴下で」という具合に、いじらしい女の子の話に変えています。

 今回の自作自演版ではビオラを使っています。ビオラの編曲などしたことがなく、「近代管弦楽法」とい う本を買ってきて、付け焼き刃で編曲しました。ビオラの楽譜はハ音記号(アルト記号)という特殊な記号で書かれ、ト音記号の楽譜をハ音記号に移し換えるのに苦労したことを懐かしく思い出します。
 ピアノ版と自作自演版とを比べつつ、お聴きいただければ幸いです(三角マークをクリックしてください)。

1.自作自演版 『白い午後』−「破れた靴下」 作詞作曲 1969年11月



2.ピアノバージョン(2011年12月 収録)
  編曲:角 篤紀 演奏:木村美子



3.YouTube版(ピアノ演奏)
  https://www.youtube.com/watch?v=5Hzw6eRAwZo

posted by 高階杞一 at 18:01| Comment(0) | 白い午後