2018年03月17日

『白い午後』−「春の香り」

 この歌も1976年11月に出した自主製作レコード『白い午後』の中の1曲。そして、唯一自分で歌っていない曲です。作ったのは1973年4月で、21歳の時の作品になります。
 当時、シモンズというすごくハーモニーのきれいな女性デュオがいて、彼女たちが歌うような曲を、と思って作った曲です。友人の妹二人(当時20歳)にお願いして吹き込みました。ハーモニーの編曲自体はうまくできたと思っていますが、音のバランスに失敗しました。演奏もリコーダの音が大きすぎ、耳障りになっています。もう一度録音し直すことができたらと今でも悔やまれます。
 演奏には不満があるけれど、歌自体はけっこう気に入っています。歌詞も曲も恋する乙女の気持になって作りました(かなり無理がありますが 笑)。

1.自作自演版 「春の香り」 作詞作曲 1973年4月



2.YouTube版
  https://www.youtube.com/watch?v=_u3BMgIpz4E&t=

3.ピアノバージョン(2011年3月 収録)
  編曲:角 篤紀 演奏:東ゆかり



posted by 高階杞一 at 00:00| Comment(0) | 白い午後
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: